永久脱毛は何か?ってことを理解しましょう!

脱毛サロンブームになってからというものの、光脱毛で痛くないサロンが爆発的に人気になりました。
しかしその裏で間違った認識が非常に広がっています。
よくあるのが、光脱毛でも永久脱毛できるという明らかな誤認です。
一部のサロンでは脱毛回数に制限を設けずに安いコースを解放していることも多くなりましたが、
何度でも脱毛できる=回数やれば永久脱毛が完了する!と思っている、もしくはそう買いている人がホントに多いこと!

 

本来、光脱毛というのは医療行為に当たりませんし、脱毛というキーワードを付けて良いものか、かなり微妙なラインです。
おそらくその方が広告しやすいということでずっと前からそういう慣例になってしまっているんだと思います。
でもこれ、法律的に言えばグレーですよね。
素人が見れば光脱毛も普通の脱毛と思ってしまいます。

 

法律上では脱毛は医師が行うべき医療行為であり、
厚労省の認可を得たレーダー脱毛機を免許や資格のあるものが行うことになっています。
そしてそれこそが永久脱毛という表現で効果を謳ってもいいと規定されているのです。
最近は医療クリニックのホームページを見て、そういった光脱毛のサロンとの違いを明記しているところもかなり増えました。
あれをやられると脱毛サロン側もたまったもんじゃないかもしれませんね、内心は。

 

それにサロンのページでも永久脱毛と言う表現は一切していないことにも気が付きますか?
もしそれをやったら何かしらの行政処分はあるでしょう。それくらいに重いことなのです。

 

永久脱毛=無毛?

 

ここまでの話を前提にし、実際に永久脱毛の定義を考えましょう。
正直なところ、これは私にもはっきりとはわかりません。
ただ!!完全に無毛になる、ということではないのは確かです。
そうやら医学上、死ぬまで毛が生えない状態を作るというのは無理みたいなんですね。
でもそうなる可能性もあるわけです。

 

もう何がなんだかわからなくなりますが、
また毛が生える可能性はあるけど、長期間毛が目立たなく自己処理も不要になる、
という曖昧な表現しかできないんですよね、結局は。

 

光脱毛でも目標は自己処理の不要な、あまり手間のかからない肌状態ですよね。
それは医療脱毛でも同じです。
そこの効果の程度の差が後者のほうが明らかに大きい、というイメージでどうでしょうか。

 

尚、当サイトでは川崎での医療脱毛クリニックを特集しておりますが、
いわずもがな、光脱毛の美容系サロンも数えきれないほどあるわけです。
ここで説明させてもらった知識をしっかり頭に入れ、その上で光脱毛を利用するならしてくださいね。

 

パッと見、脱毛回数が多くてしかも安い魅力的に見える脱毛サロンの数々・・・
思い通りの効果の半分も達成できたらそれでOKかな〜くらいの軽い気持ちで行けばがっかり感もないかもしれません。